マーケティング部門が
成果を出すために意識すべき

データに基づく
「社内コミュニケーション」と
「ステークホルダーマネジメント」

お申し込みはこちら

無料オンデマンドセミナー

※お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

セミナー主旨

昨今、マーケティング全体最適はあたりまえのこととして認識されつつあります。しかしその実現にあたっては、分析結果の改善アクションへの反映や他部署との連携などにおいて、課題を感じている企業も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、ソフトバンク株式会社 井上氏をゲストにお迎えし、マーケティング部門が成果を出すために意識すべきデータに基づく「社内コミュニケーション」と「ステークホルダーマネジメント」をテーマに、MMM(マーケティング・ミックス・モデリング)の活用メリットや、導入時の課題と対策について、事例を交えて対談します。

こんな方におすすめ

  • マーケティング全体最適の実現における
    社内コミュニケーションに課題を
    お持ちの方
  • ステークホルダーと有機的に連携するためのデータ活用にお悩みの方
  • 広告や販促といったマーケティング活動の効果を数字でわかりやすく説明する方法をお探しの方
  • 事業成果を最大化させるためのマーケティング投資にご関心をお持ちの方
  • 飲料メーカーのMMM活用事例にご興味をお持ちの方

スピーカー

ソフトバンク株式会社
コミュニケーション本部
メディア統括部
統括部長

井上 大輔 氏

井上 大輔 氏

アウディ・ジャパン、ユニリーバ、ニュージーランド航空などでデジタル&マスマーケティングのマネージャーを歴任。ヤフーマーケティングソリューションズ統括本部マーケティング本部長を経て現職。著書に『マーケターのように生きろ』『デジタルマーケティングの実務ガイド』など。

株式会社サイカ
代表取締役CEO

平尾 喜昭

平尾 喜昭

2012年慶應義塾大学総合政策学部卒業。
自身の体験から「世の中にあるどうしようもない悲しみを無くしたい」と強く思うようになる。
大学在学中に統計分析と出会い、卒業直前の2012年2月に株式会社サイカを創業。

プログラム

マーケティング部門が
成果を出すために意識すべき
データに基づく「社内コミュニケーション」と「ステークホルダーマネジメント」
MAGELLANを活用した
マーケティング全体最適化事例
~飲料メーカー編~
メッセージ
お申し込みはこちら

開催概要

視聴方法
お申し込み後、すぐにご視聴用URLをお送りいたします
受講料
無料
会場
オンライン配信

※事前収録した講演動画を配信する形式での開催となります

※イベント終了後、セミナー資料の配布はございません。

※セミナー内容の録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます。

お申し込み

お申し込みは
こちら

お申し込みはこちら